臨港パーク

臨港パークはみなとみらい中央地区の海岸沿いにある公園で、パシフィコ横浜の裏庭のような位置にあります。

この場所はシーバスなど海上からはよく見えるのですが、陸地からはパシフィコの背後に隠れてしまって目につかず、忘れられた存在になりがちです。

そんなわけで普段は訪れる人がさほどおらず、ちょっとした穴場です。

 

こんな風に言うと寂れたつまらない場所なのかと思われるかもしれませんが、そうではありません。

臨港パーク

公園内には広々とした緑地があり、オブジェや橋、人工池など面白いスポットがいくつも揃っています。

また石敷きで整備された海岸線は見晴らしがよく、目の前には横浜港が広がります。

臨港パーク

そして、おそらくベイブリッジが一番よく見えるのは、みなとみらいの中でここだと思います。

臨港パークからベイブリッジを見る

 

普段は訪れる人が少ないと書きましたが、実はこの公園はイベント会場として使われることが多く、そんな日は打って変わって大勢の人がやって来ます。

臨港パーク

このため知名度の点では、よく知られた場所ではあるのです。

 

今回はこの臨港パークについて詳しくご紹介していきます。

 

臨港パークの行き方

臨港パークは花火などのイベントで来る人も多いので、最寄り駅に加えて近隣の各駅からアクセスする方法も説明します。

 

みなとみらい駅、桜木町駅から

最寄りのみなとみらい線みなとみらい駅、またはJR桜木町駅から行く場合は、クイーンズスクエアからパシフィコ横浜を通り抜けて行くことになります。

まずは両駅からクイーンズスクエアへ行ってください。詳しいルートについてはこちらの記事をどうぞ。

 

クイーンズスクエアに来たら2階へ行ってください。
そこにクイーンモールという連絡通路があります。(上の記事にも記載があります)

クイーンズスクエアのクイーンモール

連絡通路にパシフィコ横浜への案内板があるので、それに従って進みます。

クイーンモールの案内板

 

連絡通路を抜けると橋があります。
ここを渡るとパシフィコ横浜です。

クイーンモール橋

橋の右手にはコスモワールドが見えますよ。

クイーンモール橋からコスモクロックを見る

 

橋を渡りきるとパシフィコ横浜の入口があるので、そのまま入ります。
道はパシフィコ横浜2階の歩行者デッキに直結しています。

パシフィコ横浜のプラザ広場

入口の先はプラザ広場という円形広場で、歩行者デッキはその周りをぐるりと丸く囲んでいます。
ここを反時計回りに反対側まで歩きます。

 

インターコンチネンタルホテルの前を通り過ぎ、更に国立大ホールの前も通り過ぎます。

パシフィコ横浜のプラザ広場

 

国立大ホールを通り過ぎたところでちょうど半周です。

パシフィコ横浜のプラザ広場

そこに海の方へ向かう通路あるので、そちらを進みます。

 

通路の先まで来たら階段を下りてください。
臨港パークに到着です。

パシフィコ横浜の国立大ホールの隣の歩道

 

臨港パークのスポット

臨港パークには見処がいくつもあります。広々した緑地、面白いオブジェ、人工池、そしてアーチ橋など。

こちらは臨港パークの地図です。
黄色の線で囲んだ部分が公園の敷地で、主要なスポットにピンを刺しています。

これらのスポットについて、入口に近い南側から順にご紹介します。

 

南口広場

みなとみらい駅やJR桜木町駅から来た時の入口にあたるのが南口広場です。

臨港パークの南口広場

花火などのイベントがあると、ここにテントが立ち並びます。

 

南口広場から海岸線へ出た所です。
少し遠いですが、正面にベイブリッジが見えます。

パシフィコ横浜の南口広場の先の海岸線

そこから北側に向かい、公園の海岸線を見たところ。
臨港パークと言えば、この湾曲した石敷きの海岸線の眺めです。

臨港パークの海岸線

 

南口広場のお隣には国立大ホールがあります。
2枚貝をモチーフにした外観がこの場によく合います。

南口広場隣の国立大ホール

 

売店

南口広場から北へ石畳伝いに少し歩くと売店があります。

臨港パークの売店

閉まるのが早くて、17時頃には閉店しています。

臨港パークの売店

 

売店の裏に蔦に覆われた建物があって、何かと思ったらお手洗いでした。
何気にお洒落です。

臨港パークの売店の裏のトイレ

 

芝生広場

売店のすぐ先には広々とした緑地があります。
これがこの公園のメインスポット、芝生広場です。

臨港パークの緑地

普段はあまり人がおらず、散歩する人やピクニックをする親子連れ、ボール遊びに興じる若い人をチラホラ見かける程度ですが、イベントがあるとここにステージが設置され人で溢れかえります。

 

ちょっと移動して、海岸寄りの端から撮った写真です。

臨港パークの緑地

木々の後ろにみなとみらいの高層ビル群がのぞいています。

 

広場を横切り反対側のパシフィコ横浜の近くまで行くと、よく手入れされた松の並木がありました。

臨港パークの緑地

そこから海の方を眺めてみました。

臨港パークの緑地

海と緑を同時に眺めるというのも、この公園ならではです。

 

錨のオブジェ

芝生広場前の海岸沿いに錨のオブジェが設置されています。

臨港パークの錨のオブジェ

プレートがないのでどんな由来があるのかわかりませんが、この公園らしいオブジェではあります。

 

3つのオブジェ

芝生広場北側の海岸寄りの隅に3つのオブジェがあります。

臨港パークの3つのオブジェ

 

まず一つ目は「フルーツツリー」。おそらくこの公園で一番目立つ物体です。

臨港パークのフルーツツリー

チェ・ジョンファ氏の作品で、横浜トリエンナーレ2001に出品された後、2002 FIFAワールドカップ日韓共催を記念して横浜市に寄贈されたものです。

 

続いて「歴史と未来への讃歌ー虹空間 ’95」

臨港パークのオブジェ

日本ブラジル修好100周年を記念したもので、同型の記念碑がサンパウロ市のパンアメリカン広場にも設置されています。

 

最後は「リマちゃんと握手」

臨港パークのリマちゃんと握手

日本人ペルー移住100周年の記念像です。
1989年に90周年を記念した「さくらちゃん」の像がペルーのリマ市に建立され、10年後の1999年にその妹像にあたる「リマちゃん」が横浜に設置されました。

 

潮入の池とアーチ橋

オブジェの場所からさらに奥へ進むとその辺りは公園の北端エリアで、そこに潮入の池とアーチ橋があります。

臨港パークの潮入の池

潮入の池というは海水を引き込んだ人工池で、潮の満ち引きに応じて池の水位が上下するという趣向です。

池の周りにはステージやベンチ代わりになる階段が設えてあり、イベントでは野外劇場として使用されます。

 

こちらはアーチ橋。
海水の引き込み口をまたぐように架かっています。

臨港パークのアーチ橋

 

アーチ橋の上から潮入の池を見たところです。

臨港パークの潮入の池

手前は海水の引き込み路で、その先に丸い池があります。
池の右側に歩行路があって、真ん中が半円状に膨らんでいますが、そこがステージになります。

池の先にも緑地があり、さらにその先にみなとみらいの高層マンション群が見えます。

 

こちらは歩行路とステージです。

潮入の池のステージ

 

アーチ橋は小高くて見晴らしが良く、公園で一番のビュースポットです。

アーチ橋から見た臨港パークの海岸線

こちらは橋からインターコンチネンタルホテルの方を向いて海岸線を眺めたところ。

 

同じく橋からランドマークタワーやクイーンズタワーを眺めたところです。

アーチ橋から芝生公園を眺めたところ

ここから見るとクイーンズタワーのA、B、C棟が面白い感じに重なって見えます。そこだけ拡大したのがこちら。

アーチ橋から見たクイーンズタワー

 

アーチ橋の裏手の海岸は良い釣りスポットらしく、行くといつも誰かしらが糸を垂れています。この日も3人ほど見かけました。

アーチ橋の裏手の釣りスポット

 

2017年開港祭の様子

臨港パークはみなとみらい地区で一番広い公園ということもあり、花火や盆踊りのような地域イベント、メーデーの集会などがここで開催されます。

地域イベントと言ってもそこは横浜市なので規模は大きく、メジャーなところで6月の開港祭、8月の神奈川新聞花火大会などがあります。

そのうち2017年6月の開港祭の様子を写真に収めてきたのでご紹介します。

 

まずは南口広場。

2017年開港祭

普段は閑静な場所ですが、この日は人で溢れかえります。

 

芝生広場です。花火が始まる2時間前には場所取りでほぼ埋まっていました。

2017年開港祭

 

海岸沿いに並んでいるのはドリーム・オブ・ハーモニーの参加者。
市民の有志による合唱団です。

2017年開港祭

 

芝生広場の3つのオブジェのあたりに屋台がでていました。
やはり祭りはこうでないと。

2017年開港祭

 

潮入の池ではストリートダンスのコンテストが開催されていました。

2017年開港祭

参加者は子供がメインですが、予選を勝ち上がってきただけあり流石に上手いです。

 

芝生広場のステージの近くに移動してドリーム・オブ・ハーモニー(合唱)を拝見します。

2017年開港祭

 

19時少し前。日が暮れ始めると花火に向けて期待が高まり、雰囲気もいい感じに盛り上がります。

2017年開港祭

 

いよいよ花火。ステージではレーザー光線や音楽、炎を使った演出が始まり雰囲気を盛り上げます。

2017年開港祭

 

海岸沿いに移動して花火を鑑賞。

2017年開港祭

水上花火も間近で楽しめます。

 

フィナーレの連発・・・なのですが、肝心の大玉がほとんど写っていませんね😞

2017年開港祭

すみません。花火を見るのに夢中で、ちゃんと撮れませんでした。

 

臨港パークの紹介は以上になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です