万国橋

万国橋は馬車道から新港地区へ行く途中の運河に架かるアーチ橋です。

一見これといった特徴もないコンクリート製の古い橋ですが、昔は新港埠頭と本土の接点として、横浜港の国際貿易の中でその役割を果たしてきました。周囲に保税倉庫を改装した施設などがあり、当時の名残をとどめています。

今ではもっぱら撮影スポットとして名が知られていて、みなとみらいの夜景といえばこの橋の名前が挙がります。

万国橋のみなとみらい側の夕景

実際に行ってみると、運河があるおかげで、ここからみなとみらいに向かってきれいに視界が開けており、ランドマークタワーなど主要な建築物が一望できます。

日暮れにはちょうどランドマークタワーの裏側に太陽が沈んでいき、ビルのシルエットが黄昏の空に浮かび上がります。同時にコスモクロックのイルミネーションが始まり、景色に動きを与えてとても絵になります。

 

万国橋を新港地区の運河沿いから見る

現在の橋は2代目です。初代は明治37年(1904)に鋼鉄製のトラス橋として架設され、その後、関東大震災では持ち堪えたのですが、交通量の増加に伴い昭和15年(1940)に今のコンクリート製のアーチ橋に架け替えられました。

 

今回は、この万国橋について周辺の様子も合わせてご紹介します。

 

万国橋の行き方

馬車道駅から

万国橋の最寄りは地下鉄みなとみらい線馬車道駅です。

馬車道駅の改札は1つなので、そこを出たら元町・中華街駅の方向に進み、エスカレーターを上ります。エスカレーターはこの上にもう一段あります。

馬車道駅改札の外

 

エスカレーターを降りたら、向かって左手(写真では右手)に進み 4番出口から地上にでます。このルートを進めば地上までエスカレーターで行けます。

馬車道駅の改札外エスカレーター上

他の出口のほとんどは階段しかないので、ちょっとした運動になります。

 

馬車道駅4番出口から地上に出た所です。

馬車道駅4番出口

 

4番出口の前から新港地区の方へ歩いていくと、100mほどで万国橋に到着します。

馬車道駅から万国橋への続く歩道

途中、歩道の左手に見えるレンガをあしらった建物は旧生糸検査所で、現在は横浜第二合同庁舎として使われています。

 

桜木町駅から

JR桜木町駅から汽車道を歩いて来ると、ちょうど万国橋のすぐ側が終点です。
少し距離はありますが、人気の散策路なのでこのルートもオススメです。

汽車道についてはこちらの記事をどうぞ。

 

万国橋の様子

馬車道駅から来て橋を渡り、運河沿いの歩道から撮った写真です。
コンクリートのアーチを半分ほど蔦が覆っています。

万国橋の西側

よく見ると橋の手前の護岸は石組みで、造成された当時の名残がここにもありました。

 

運河沿いを山下公園側へさらに歩き、少し離れて撮った写真です。

万国橋とみなとみらい

橋の向こうでランドマークタワーが存在感を放ちます。
一方、橋には目立つ意匠もなく、知らなければ見過ごしてしまいそうです。

橋の手前、運河の左の隅は屋形船の船溜まりになっていました。

 

橋の反対側に回り、運河パークから撮った写真です。
こちらは蔦が絡んでいません。

万国橋のみなとみらい側

 

石積みの欄干です。
橋の路面はアスファルトで舗装し直されていますが、欄干は昭和に架設された当時のままだそうです。

万国橋の石積みの欄干

 

同じく石積みの親柱です。
橋名板に書かれた名前は「萬国橋」。読みは同じでも別の漢字でした。

万国橋の親柱

 

万国橋から見る景色

みなとみらい側

欄干越しにみなとみらいの中心地を見たところです。

万国橋からみなとみらい側をみた昼景

ここから見ると、ランドマークタワーを頂点としてクイーンズタワーのA棟、B棟、C棟とビルの稜線が順々に切り下がるようにデザインされているのがよくわかります。

 

夕景・夜景

万国橋は夜景の名所なので何枚か撮ってみました。

こちらは日が沈み切る直前に撮った写真です。

万国橋からみなとみらい側の夕景

窓のほのかな明かりがビルのシルエットに並らぶ美しさ。
その姿が水辺に写し出される面白さ。そこにアニヴェルセルとコスモクロックが明るく華を添える。

なるほど、夜景の要素が盛りだくさんです。

 

こちらは完全に日が落ちた後です。
カメラの設定もありますが、随分と空の色が変わります。

万国橋からみなとみらい側の夜景

 

山下公園側

万国橋というとみなとみらい側の景色にばかり目が向きますが、山下公園側も運河沿いに伸びる景色が鄙びてなかなか味わい深いです。

こちらは日が沈み切る前のもので、小さくですが、中央右手に横浜税関のクイーンの塔、左手に大さん橋埠頭ビルの上部が見えます。

万国橋から山下公園側の夕景

 

こちらは夜景です。
さすがに光量が足りず黒つぶれしてしまいました。

万国橋から山下公園側の夜景

 

万国橋の周辺

万国橋の山下公園側には運河に沿って古い倉庫などがあり、かつて埠頭だった頃の面影が残っています。

万国橋の山下公園側の船溜まりと倉庫

横浜のモダンを代表するみなとみらいのすぐ近くに、こうした趣がまったく異なる景色があるというのも面白いです。

 

屋形船

万国橋のすぐ脇に屋形船が10隻ほど係留されています。

万国橋のそばの屋形船

 

この写真のように桟橋もあるのですが、乗客の乗り場はここではなく、JR桜木町駅近くの弁天橋やインターコンチネンタルホテル近くのぷかりさん橋から乗船するようです。(会社のホームページ調べ)

万国橋のそばの屋形船

 

このうちの1社、すずよしさんの動画です。

 

万国橋SOKO

船溜まりの正面にある建物は「創造空間 万国橋SOKO」です。

万国橋SOKO

保税倉庫をリノベーションしたオフィスで、クリエイティブ系の会社が多く入居していました。

 

万国橋会議センター

運河にせり出している建物は万国橋会議センターです。
4階と5階が貸会議室で、他のフロアには東京芸大大学院映像研究科やハローワークが入居しています。

万国橋会議センター

水中に基礎を打ち込む大胆な構造をしていて、どうやって開発したのか経緯などを調べたのですが、あいにく情報は見つかりませんでした。

 

奥まで行くと貸会議室の案内板がありました。
平日だからか、予定は結構埋まっていました。

万国橋会議センターの案内板

 

BankART Studio NYK

運河沿いを少し進むと BankART Studio NYK があります。

日本郵船の倉庫を転用したアートスペースで、ギャラリーの他にカフェやアート関連の本などを扱うショップが入っています。

BankART Studio NYK

 

荒井屋 万国橋店

万国橋から馬車道駅の方へ少し戻ったところに牛鍋の老舗、荒井屋の万国橋店があります。こちら創業は明治28年(1895)だそうです。

荒井屋 万国橋店

 

横浜第二合同庁舎(旧生糸検査所)

馬車道駅4番出口の並びにあった横浜第二合同庁舎です。
横浜市の歴史的建造物に指定されています。

旧生糸検査所

本館は写真の上部に見えている高層ビルで、手前のレンガをあしらった低層部分が旧生糸検査所の跡です。
大正時代に建築された建物を再現したファサードになっています。

 

正面入口の前には旧生糸検査所の案内板があります。

旧生糸検査所の案内板

 

万国橋の紹介は以上になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です